バイトや派遣選びにコールセンターの仕事を学ぶ!

■コールセンターの仕事

最近のテレビコマーシャルで、女性がヘッドフォンとマイクを付けて パソコンを前にして話しているシーン、よく見かけませんか? 損害保険とかのコマーシャルが多いでしょうか。

このような職場をコールセンターといい、そこで働く人は コールセンタースタッフ、ヘルプデスクサポートなど、取り扱う内容や業種によって さまざまに呼ばれています。

コールセンターで働くのに大切なことは、電話での仕事ですので 丁寧な言葉遣いや、受け答えをする際にきちんとしていてわかりやすく話すことができるかどうかです。

 

■コールセンターの仕事で身に付くもの

テレフォンオペレーターにとって大切なことは、やはり話し方ですね。一般常識に基づいた丁寧な話し方ができるかどうかは 大切なことです。またお客様に 明るく気持ちよく話しかけることは、電話の第一印象として 重要だと思います。

挨拶・受け答えに気をつけ、感情が害された場合でも声や話し方にそれが出ないようにすることは言うまでもありません。同時に、機械的な対応にならないように、感謝の気持ちを持ちましょう。

電話の向こうのお客様の気持ちを想像して、誠意のある受け答えが重要なのです。

コールセンターでは、事前の研修から実践まで、電話の受け答えの学習をしているようなもので、回数を重ねて臨機応変にいろいろな対応が可能なまでになると、それはまさにキャリアです。

このようなことを身につけると、コールセンターの仕事以外にも もちろん大きく役に立ちます。いろいろな仕事をしていくうえで、電話の受け答えが上手な人は重宝されるのです。

 

■ステップアップを目指して

コールセンターでキャリアを身につけると、今後の仕事のステップアップにつながります。

コールセンターでの上の仕事には「スーパーバイザー」というものがあります。その会社の商品などの専門知識を身につけ、しかもコールセンターの管理・教育の仕事に携わります。

違う職種としては、各種「アドバイザー」や「カウンセラー」の仕事などにキャリアを生かすことができます。

そのほかの仕事場でも 身に付けた「話す能力」はきっと役立つはずです。