うつ病患者と正しく向き合うために

うつ病とは、精神障害の一種で劣等感を感じたり不安定な気分になったりする症状のことです。現代社会では一般的なネーミングになりつつある病気ですが、うつ病の発症をきっかけにもっと重い病気になったり、自ら命を絶ったりすることもあるのです。自分は大丈夫だと思っても、もしあなたの大切な人がうつ病になってしまったら、あなたはどうしますか?精神的な病気は、正しい知識を持ち時間をかけて接しないと克服できません。長期的な治療が早期治療に繋がると思います。

 

さて、うつ病というと気分が落ち込み、暗い状態になることだと思いがちです。ですが、うつ病には気分が高まり積極的に行動するケースもあります。これを躁(そう)うつ状態と言い、他の人から見れば「うつ病が治った」と勘違いしてしまうやっかいな病気です。実は、元気になっている時が一番危ないのです。活動的になった時に自殺をしてしまうことが多いからです。大切な人がいなくならないためにも、普段から注意して観察しておくことが大切なのです。

 

もし、身近にうつ病の疑いがある人がいれば、早めに病院に行かせるようにしましょう。薬での治療で十分改善できます。飲み始めてから2週間ほどで効きますので、焦らずにかつ自発的に病院に通えるように話を持って行くといいでしょう。無理やり責めるのではなく、陰でそっと見守ってあげてください。あと、一番大事なのは患者をゆっくり休ませること。仕事で忙しいから、家事が大変だからと休みの時間がなければストレスでますます悪化してしまいます。病は気からというように、体調が良くなったと思い込めば案外早く治ることがあるからです。

 

うつ病を克服するためには、

・一人にさせないこと

・活発になった時が危ないということ

・なるべく早めに病院で治療を受けること

・休養を取らせること。

以上のことをゆっくりしたペースで行うことです。守らなければならないことがたくさんありますが、うつ病は目に見えない病気だからこそ、治療が難しいのです。様子がおかしいからと励ますような言葉は決して言わないでください。一日でも早くうつ病患者がいなくなるよう願うばかりです。

著者について: