おしゃれなシャンパングラスでおいしく飲もう♪

シャンパンを飲まれる方にお聞きしたいのですが、どんなところにこだわって飲んでますか。原産地?色?酔いやすいかどうか?自分との相性?などなどこだわりを追求すればたくさんでてきます。あれ?大事なことをお忘れではないですか。シャンパンのこだわりは中身だけでなく、入れる容器にも関わってくることを。おいしいものさえ飲みたいのであればそれでもかまいませんが、ここはちょっとおしゃれなグラスで飲んでみるというのも気分転換になっていいのではないでしょうか。

 

シャンパングラスには主に2つの種類があります。1つ目は底が丸くなっているもの。フランス語でクープというそうです。どちらかというと、ワイングラスに近いような形ですね。ぷっくりとしたかわいい形をしているので、パーティーに向いたグラスと言えるでしょう。みんなで盛り上がるにはぴったりだと思います。

もう1つは細長い形をしているもの。これはフルートと呼ばれます。こちらも、クープとは違い、スマートで素敵な魅力を醸し出しています。フルートはシャンパン発祥の地であるフランスで一般的に使われるグラスです。なぜなら、こちらの方がシャンパンを注いだときの泡が長時間残るからなんです。シャンパンをおしゃれに飲みたいという方はこっちがいいですね。

どちらの形も良いところがあって捨てがたいですね。シャンパン好きならぜひ持っておきたいグラスなのかもしれません。ただ、グラスはグラスでも値段の幅はかなり広いです。数千円で買えるものから数万円もするようなグラスもあります。なんでこんなに差があるんだといえるくらい、様々なグラスが売られています。最近では、足のないタイプもあり、凝ったグラスも売られています。これだけあると、どのグラスを買っていいのか分からなくなってしまいそうです。

今更言うのも難ですが、ここで大事なのは、グラスを選ぶことよりもシャンパンを飲む楽しさだと私は思います。何万円もするグラスを買ったとしても、シャンパンを飲む喜びを知らなければ全く価値はありません。逆に、その喜びを知ったうえで飲めば、たとえ数千円のグラスでもそれ以上の価値があると思うのです。

著者について: