時給・給与

時給・給与

 

■雇用形態

テレフォンオペレーターはのお仕事を探してみると、正社員よりも派遣社員やパート、アルバイトなどの雇用形態の割合が多いことがわかります。これは業種や業務内容、企業などによっても違いはあるのですが、テレフォンオペレーターの仕事は 忙しい時期とそうでない時期、または 問い合わせの電話が特に集中する時間帯があることなどが 主な理由のようです。

また、テレフォンオペレーターを雇用するセンターなどの運営では、人件費がほとんどを占めてしまうので、企業がこうしたテレフォンオペレーターのセンター部門のみを外部に委託したりすることが多いことも理由の一つとなっているようです。

雑誌やインターネットなどで調べてみても、求人はかなり多い方だと思います。

■時給・給与

時給は 地域による差はありますが、1000円~1500円程度となっており、一般事務の仕事と比べると若干低くなっているようです。しかし、特に専門的な知識が必要となるテレフォンオペレーターでは 1500円~2000円もの高額な時給が支払われる場合もあります。また夜間のシフトがある場合や、週末や休日などの勤務がある場合には さらに時給は上がる傾向にあります。

■求人について

やはり地域を問わず、正社員よりも派遣社員やパート、アルバイトなどの雇用形態の割合が多いのですが、比較的人件費の安い地方での求人が多いのも 特徴の一つです。

最近の傾向として、テレフォンオペレーターのセンターに関して 税金の優遇措置を行っている都道府県や市町村があります。実際に北海道の札幌市や釧路市、仙台市、盛岡市、愛媛県の松山市、沖縄県などではこうした優遇措置を設けており、テレフォンオペレーターなどの求人が非常に多くなっています。

企業では 人件費の安い地方に コールセンターなどを設置して 事業を行う場合も多くなってきています。

求人に関しては、あまり年齢に関係ないので、人気の職種です。派遣やパートの人から見た場合、テレフォンオペレーターは自分の都合やライフスタイルに応じて勤務時間や勤務場所を選らぶことができるため 融通が効く職場でもあります。

著者について: