テレフォンオペレーターとは

テレフォンオペレーターとは

■概要

このお仕事は、簡単に言うと電話による問い合わせや商品の説明、苦情などに対応する仕事です。

取り扱う内容や業種によって コールセンタースタッフ、ヘルプデスクサポートなどと呼ばれる場合もあります。

電話での仕事ですので 丁寧な言葉遣いや、受け答えをする際にきちんと整理してわかりやすく話すことができるかどうかが、大事です。専門知識は研修で身につけることができる場合がほとんどで、さらにキャリアを高めることもできます。

姿や顔が見えませんので、身だしなみにそれほど気を使うこともなく、冷暖房完備の室内で、座っての仕事ですので 人気のあるお仕事の一つです。年齢に関係なく仕事ができるというのも 魅力の一つですね。

■2種類に分けられるテレフォンオペレーターという仕事

テレフォンオペレーターのお仕事は、大きく二つに分けられます。

ひとつは、お客さまからの電話を受ける「インバウンド(受信業務)」。

もうひとつは、企業からセールスなどの電話をかける「アウトバウンド(発信業務)」。

どちらも コールセンターでのお仕事になります。

■インバウンドとは

どのようなお仕事かというと、内容はさまざまですが、テレフォンショッピングなどの商品注文や、予約受付、キャンペーン応募受付、アフターフォロー、料金の問い合わせ対応、資料請求受付、テクニカルヘルプデスク、代理店サポート、お客様相談窓口など、いろんな業種の企業で活躍しているお仕事です。

私の経験や周りの意見を聞いてみると、圧倒的にアウトバウンドよりもインバウンドの方が人気が高いようです。

さまざまな質問があり、知識が必要ですので大変ですが やりがいはあります。

■アウトバウンドとは

こちらの内容は、顧客満足度調査、アンケート調査、申込みなどのお礼電話、住所など本人確認、代金未払の督促、ダイレクトメールフォロー、依頼、勧誘などがあります。

発信業務は会社から渡されたリストを元に、ひたすら電話を掛け続けることが多いです。また、お客によっては迷惑に思う人もいて 嫌な対応をされることも多いです。

そういったことの苦手な方には 少し精神的につらいお仕事になってしまうかもしれません。

 

 

著者について: