直結給水方式とは何か

給水方式にはいくつか種類がありますが、ここではマンションで採用されている直結給水方式とは何かについて解説していきたいと思います。

直結給水方式とは何か、さらに細かく見ていくとどのような方式があるでしょうか?
まず直結給水方式とは、水道管の水圧を使ってマンションの各戸の蛇口まで直接的に給水をする方式のことです。
この直結給水方式を採用しているマンションは多くありますが、厳密に言えばさらに方式を分けることができます。

それは、直圧給水方式、そして増圧直結給水方式の2つです。
それぞれについて考えましょう。
※この2つの方式については水道工事のプロフェッショナルの説明や見解も参考にしてみてください。

1つ目の直圧給水方式は標準的なもので、水道管を流れる水の圧力だけで各戸に給水を行ないます。
どういうことかについては2つ目の方式をご紹介して比較しながら説明したほうが分かりやすいかと思いますので、まず2つ目の方式をご紹介します。

2つ目は直結増圧方式です。
これは配水管を流れている水の圧力に加えて、ポンプで増圧して各戸に給水を行なう方式です。

1つ目の直圧給水方式は純粋な水圧のみで水を運びますが、この方式だけでは問題が生じることがあります。
つまり、マンションが高層になればなるほど、純粋な水圧だけでは力不足で、上層階に水を届けるのが難しくなります。
それで登場するのが、2つ目の直結増圧方式です。

最近では技術が向上してきていて、10~15階程度の高さであれば直圧給水方式で水を届けられるようになってきていますが、それよりも高層のマンションは多いですよね。
より高い所まで確実に水を届けるために、途中で増圧してあげれば水道の使い勝手も向上します。

例えば、マンションには複数世帯が同居していますから、夕食時やお風呂に入る時間には水道使用量が集中的に増加することが考えられます。
そうしたときに水圧が弱いと少ししか水が出ずに不便を感じるかもしれません。
それを解消するために採用されているのが、この直結増圧方式というわけです。

直圧給水方式についてご理解いただけたでしょうか?

著者について: