リノベーションの利点と注意点

リフォームという言葉はよく耳にしますが
「リノベーション」という言葉となるとピンと来ない方も少なくないと思います。

この「リノベーション」という言葉は
もう随分と前から建築業界では当たり前のように使われています。
最近の住宅雑誌でもリフォームから「リノベーション」という言葉を活用したり、
リフォームとの違いを説明しています。

■リフォーム

古くなった(老朽化した)住居など建物を建築した頃の状態に戻す。
修復という意味が最も近いと思われる。

■リノベーション

住む人や利用する人の用途などに合わせ間取りや機能の変更をする。
性能を良くし価値を高める。

どちらも既存の建物に手を加えることは同じであるが、
リフォーム(修復)とり大規模な工事になるのがリノベーションである。
マンションなどの集合住宅の一部屋、あるいは棟、戸建て、
また構造に関わらず行うことが可能である。

・一戸建てをリノベーションする。
・マンションなどの集合住宅をリノベーションする。
・中古物件を購入してからリノベーションする。
・リノベーション済の物件を購入する。

■中古物件を購入しリノベーションを行う利点

生活環境、リズムを考え住み方や利用方法を考慮した設計が可能で
内装を自由に設計できる。
新築よりも購入費用を抑えることが可能。
都心部など人気のある範囲でも中古物件が残っていることもある。
付加価値を付けることが可能。

実際にリノベーションした中古物件の事例を見ると、参考になる。
http://www.jpm-co.jp/

■注意すべき点

工事期間があるため購入後すぐに入居できない。
建物の状態、築年数によりにより耐震性の検査やシロアリ駆除など別途工事が必要な場合がある。
借入額に制限がかかることもある(中古物件のため担保価格が低く見積もられ融資額も低くなりがち)
水回り、窓の位置や場所を変更できないこともある。
天井の高さの変更もできないこともある。

※1981年に建築物の新耐震基準が施行されたことにより、
1981年前の構造物は要検査が必須になります。

1981年以降で新しい中古物件でも、築年数だけで決めつけず、
外観や建物の傾きなどを確認することは重要です。
建設後の地盤沈下もあれば、建設前から地盤沈下している土地に改良を加えてる場合も有り、
見た目で分からないこともありますが、
購入後に後悔しないためにも事前の調査は必要です。
窓の結露なども確認しましょう。

物件探しから費用の融資まで一括で
リノベーションに関してのサービスなどを引き受ける企業も増え、
手間をかけずにリノベーションができることが多くなりました。
また、リノベーション住宅推進協議会がある。

著者について: