システムマイグレーションとは

紙媒体がどんどん消えていくにつれ、データによる情報の管理や保管がされる様になりました。企業における情報の管理は膨大な容量となり、時代が進むごとにシステム全体を見直す機会が幾度と訪れる事もあるでしょう。システムの見直しにはデータやプログラム、アプリケーションと言ったものを新しいシステムに移行する作業が発生します。これをIT用語でマイグレーションと言い、マイグレーションはシステムだけに用いるのではなく、データやフォーマット、ストレージなど異なる種類へ移行する時に行うものにも同様に使われる言い方です。

またシステムはコンピュータシステムに関わる全てのハードウェア、ソフトウェア、オペレーションシステムと言ったパソコンを構築する部分を指しています。それらを異なる環境へ移行する事を総称してシステムマイグレーションと呼んでいます。

システムマイグレーションを行う場合、データ移行も自ずと行う事になりますが、データの場合は単純にデータをコピー&ペーストして使用するのではなく、管理をしているシステムのセットアップなど設定作業を伴う為、専門的で複雑な作業となります。したがって、データ移行の専門的な技術を持つ会社などがその作業を代行したり、経費を抑えられる様に移行作業の手助けが出来るアプリケーションも存在する様になりました。

企業のシステムは非常に複雑でセキュリティ対策も万全になっている場合がほとんどです。システムマイグレーションを行う際は専用のツールを使い作業を行う事がほとんどですが、ごく稀に手作業で行う事もあります。システムマイグレーションのツールは既存のシステムと移行先である新規のシステム環境を考え、その企業に合う形でカスタマイズされる様になっています。よって、システムマイグレーションを行った後、何かしらの不具合は大なり小なり生じるものの、使い慣れる事で解消される事が大半となっています。

システムマイグレーションはシステム変更があれば必ず行われるものとして認識されており、容量の膨大なデータを扱う企業にとっては慎重に行われるべき作業となっています。

 

システムマイグレーションなら株式会社CIJ

著者について: