マイグレーションを行う際の注意点

システムやデータなどをマイグレーションする場合には、幾つか注意をしなければならない点があります。

まず最初に注意する点としてマイグレーションを実行するにあたり、システムの停止は長時間可能かどうかと言う事が挙げられます。システムのマイグレーションを行う場合、システム自体を停止し通常業務が行えない状態になりますので、大抵の場合は業務が休みとなる休日を利用してマイグレーションが行われている様です。また長時間システムを停止してマイグレーションする事は一括移行方式と呼ばれる種類にあり、新しいシステムに一斉に移行出来るメリットがある事から、移行に必要な時間が短くて済みコスト的な問題も抑えられる様になります。

マイグレーションは前もってどういった種類や方法があるのかを確認すれば、比較的予算をオーバーする事なく行えるものであると思います。システムを長時間停止する事が難しい場合は並行運用方式と呼ばれる方法で、既存のシステムと新しいシステムを同時に稼働させ移行していく方法もあります。この場合のメリットは他の種類の方法と比較してもトラブルが起きにくい点であり、ただトラブルが起こったとしてもマイグレーション完了までにその工程を管理して注意点を挙げておく必要がある点に注意が必要です。

また一括移行方式、並行移行方式の他に段階移行方式と呼ばれる方法もあり、これはシステムの項目別に移行済みから休止させ、順次に新しいシステムに切り替えていく方法です。この場合はシステムマイグレーションだけでなく、業務のマイグレーションについても考慮する必要があり、適切に業務が行われる様に共有するマスターデータを同期する必要もあるのです。ただしこの場合は、システムを項目別に移行する方法である事から、何かしらトラブルが生じた場合はその原因となるものが特定しやすいメリットがあります。一括で移行出来ない場合にはこの方法を採用した方がリスクは少ないと言えるでしょう。

この様にマイグレーションを行う場合は、それぞれの注意点を考慮し、その企業ごとに合った方法で安全に行う事が大切であると言えるでしょう。

著者について: