プロフィールビデオの適切な上演時間の長さとは

一生に一度の大切なイベント、「披露宴」。共に過ごすパートナーと一緒に迎える人生の晴れ舞台。大切なイベントだからこそ、楽しく賑やかに過ごしたいですよね。そのためには新郎新婦はもちろん、親族や招待された友人・会社仲間全員が幸せな気分になってもらえるようにしなければなりません。

披露宴の中でも重要な部分を占めるのがプロフィールビデオ。新郎新婦が完全に主役となります。場合によってはサプライズ演出に繋がることもあるため、披露宴の進行を支える大切な役割を果たしているのです。披露宴のプロフィールビデオ作成の出来によって、会場の空気は良くも悪くもなります。では、良い雰囲気にするためにはどうすればいいでしょうか。個人的には、上映時間の長さが大事ではないかと考えています。実は私、披露宴に何度かお邪魔したことがありましてね。そこで必ずと言っていいほどプロフィールビデオが流れるのですが、ビデオの出来によって披露宴の楽しさが違うんですよね。プロフィールビデオというのは新郎新婦の思い出や親族からのお祝いメッセージといったものが一般的ですが、あまり短いとあっけないと感じるし長すぎるとだれてしまいます。また、内容があまりにもベタベタしたものだと、若干引かれてしまう可能性があります。誰もが見ていて飽きないビデオを作るのは難しいかもしれませんが、上映時間の長さを適切にするだけでもだいぶ違ってくるのではないでしょうか。それに加え、テロップや映像の見やすさ等を考慮しながら作成すれば完璧でしょう。

 

プロフィールビデオの作成は業者に頼む方法や個人で制作するといった方法があります。どちらを選択するかは自由ですが、個人で作成する場合は個人の責任になるので気を付けてくださいね。もし、「ビデオをどう作っていいか分からない!」という人は専門家に相談してみるといいでしょう。電話やメールで気軽に相談できると思います。何も分からないまま闇雲に作るよりは相談しながら複数で作る方が確実に良いビデオが作れます。

著者について: