オペレータ・コミュニケーター

■呼称

どんなことにも呼称って大切ですよね。

「オペレーター」と呼ばれたり、「コミュニケーター」と呼ばれたり、コールセンターで働く場合には 呼称がいろいろあるようです。

イメージの問題でしょうが、現代社会では 『コミュニケーション』という言葉は 人気が高いようですよ。

たとえば、コールセンターを「コミュニケーションセンター」、オペレーターを「コミュニケーター」という呼び名に変えたりする企業もあるようです。その目的は、お客様からの単なる電話の取り次ぎではなく、お客様とのコミュニケーションを大切にし、お客様からの要求・相談・クレームにも丁寧に対応しますというイメージを与えるからのようです。お客様との信頼関係を築いていく姿勢を明確にして、企業のイメージをアップさせるためのようです。

また、「コミュニケーター」とした方が、求人面でもいいのだそうです。いい人材を集めるためにも、イメージは大事ですね。

 

■仕事

もちろん、「オペレーター」であっても、「コミュニケーター」であっても、呼称が違うだけで 仕事内容は同じです。

コールセンターまたはコミュニケーションセンターにおいて、最前線で働く人たちのことを言います。

仕事内容はさまざまで、お客様窓口やテレマーケティング、サポートセンター、注文などのカスタマーセンターなどで働く仕事があります。

電話での応対になるので、電話の受け方・かけ方、敬語の使い方、ビジネスマナーといったヒューマンスキルがまず必要です。

また、一通りのパソコン操作も必要とされます。

お客様と直接お話するお仕事ですので、その企業のイメージと直結します。ですから、電話対応とはいえ、とても重要なお仕事です。

また、コールセンターは24時間運営しているケースも多く、フレキシブルな求人になっています。子育て中の主婦や、副業としてできることで人気の仕事になっています。

テレコミュニケーターは未経験でもでき、実務前に研修をする会社もあります。

著者について: