バイナリ―オプションのやり方

バイナリ―オプションのやり方を解説するにあたって、日本国内の業者間で主流となっているタイプについて理解を深めておくのは必須だと思います。
バイナリ―オプションを始める方のほとんどは、最初にラダーオプションというタイプの投資を行ないます。

ラダーというのははしごという意味の英語で、はしごの一段一段の足場のように目標レートが並んでいる中からどれに目をつけて上下を予想するかを決めるという方法を説明する言葉です。

例えば、3段目の“足場”を選んだら、為替がその3段目からどれほど上下するのかに注目するのです。

バイナリ―オプションのやり方がわからない方は、こちらのサイトが参考になります。
初心者向けの攻略法や危険性についても説明してくれています。
http://tsuchiyashutaro.com/archives/category/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AA%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

では、これをふまえもっと具体的なやり方を見ていきましょう。
流れとしては以下のようになります。
(1)通貨の選択とラダーの決定
(2)オプションの購入
(3)オプションの売却

(1)では米ドル/円やユーロ/円などを選択します。

また、ラダーとして一定の数字を決定します。
一例を挙げるとすれば、1.2400を選んだならそこを基準点として上下する為替相場を注意して見ていくということになります。

(2)のオプションの購入というのは(1)で決定した数字を基にして、判定時間にその相場において何円上澄みがあるのかを監視してどれくらい利益につながるかを注目するということです。
ラダーよりもドル高だったり、ユーロ高だったりした上澄みが利益になります。
パソコンやスマホでオプションを購入する際には、オプション単価と取り引き枚数欄を選択決定します。

(3)の売却についてです。
これについても(2)の購入と同じようにボタン1つをクリックしたり、タップしたりするだけで行なえます。
注文受付終了までの残り時間が表示されますので、その時間内に売却するタイミングを見計らいます。
判定時間を最後まで待つ必要はありません。
判定時間の最後まで待っていると利益が確実に増えるかというとそういうわけでもないので、急落する前に利益を確実なものにするために指定時間前に売却するほうがいい場合があります。

このようにバイナリ―オプションのやり方は簡単になっていて、パソコンやスマホでボタン一つで操作できます。

著者について: